バナナで子どもたちを笑顔にしよう!

地域密着型 食品ロスを有効活用した子ども支援のためのクラウドファンディング

プロジェクト概要

朝ごはんを食べる習慣が家になかったり、経済的理由などで、朝ごはんを食べてこない子どもたちが増えています。 朝食を抜くと午前中の授業に集中できず、学校生活も楽しくありませんよね!

「朝食サポート」としてバナナを無償配布し、 「みんなで食べるとおいしい!楽しい!」という子どもたちの笑顔でいっぱいにします。

支援総額 ¥ 59000

0%

目標金額 ¥500,000円

残りの日数

募集期間 2018年12月1日 〜 2019年1月20日


廃棄予定のバナナを有効活用

輸入バナナは、抜き取り検査を行った後、残りのバナナは廃棄処理されます。 こうしたバナナを、メーカーさんから毎週月曜日に約30箱を寄贈していただき、 子ども食堂や生活困窮者支援団体をはじめ、小・中学校8校の校長・教頭先生たちにお渡ししています。

学校での「朝食サポート」活動

学校では、「朝食サポート」として、校長室や家庭科室などで、子どもたちの朝ごはんや早朝の部活後の朝ごはん(補食)となっています。 子どもたちからは、「みんなと一緒に食べるから、楽しい!」と評判です。

また、学校の先生からは、「欠食がなくなるので子どもが落ち着き、午前中の授業に集中できる」というお話がありました。 提供に際して、地域ボランティアさんがサポートをしている学校もあり、 「地域と子どもたちがつながる良い機会になっています」というお話もありました。

朝食欠食率の推移

注1)全国学力・学習状況調査(文部科学省)より作成。
注2) 「朝食を食べていますか」との設問に、「あまりしていない」と回答した児童(小学6 年生)又は生徒(中学3年生)の割合と、「全くしていない」と回答した児童又は生 徒の割合とを足したもの。
注3)平成23年度は、東日本大震災の影響を考慮し、調査の実施を見送った。

支援金の使い道

いただいたお金は、ガソリン代や高速代に使い、安定的な活動を行えるようにします。 現在8校ですが、ほかの学校の先生や自治会の方々がプロジェクトを知り、もっと広がることを目指しています。


プロジェクト立ち上げの思い

私たちが活動を進めるうち、私たちの未来である子どもたちの貧困問題の解決は、喫緊の課題であると感じるようになりました。
「子どもの悲しい顔をもう見たくない。どうしたらいいのか?」と話を進めるうち、「僕は、子どもが喜ぶ笑顔が見たいんです!」と言う人がいました。
・・・そうだよね。私たちは、子どもたちの笑顔を守りたい、笑顔になってほしいからこんな活動をしてるんだよね。

そこで立ち上がったのが「ハッピーバナナプロジェクト」構想です。

お腹がいっぱいになった時の、くすっと笑っちゃう子どもの笑顔をモチーフにしよう! 「みんなで食べるとおいしい!楽しい!」でいっぱいにしよう!

学校の先生も、地域の人たちも、子ども同士でも、私たちが願っているのは、心あたたかい居場所場があって、みんなが笑顔になること。 そして何より、「一人ぼっちじゃない、あなたのことを見ている人たちがいる」、 「一人一人を、かけがえのない存在として大切にしたい」という思いを伝え合える社会にしたい!と思いました。

プロジェクト支援のお願い

子どもがお腹いっぱいになった笑顔をロゴマークにし、 このロゴマークを見たら「ハッピーバナナプロジェクトね!」というムーブメントをおこしたいと思っています。

私たちは、このロゴマークをつけてあちこちで活動します。 たとえば、エプロンにこのロゴマークをつけて活動する、車両にロゴマークをつけて配送するなど、絶えずアピールを続けていきます。
この他、私たちの活動をより知って頂くためのお礼をご用意しています。ぜひ私たちの仲間になって下さいね!

「子ども達には、笑顔でいてほしい!」そう願う方であればどなたでも、ハッピーバナナプロジェクトに参加できます。 ぜひ、私たちの仲間になってください。そして、子どもたちの笑顔でいっぱいにしちゃいましょう!

フードバンク福岡代表 雪田千春


フードバンク福岡について

フードバンクは、食品ロスと福祉の問題を同時に解決することができる活動として注目されています。 品質に問題がないにもかかわらず市場で流通できない食品が年間で646万トンも廃棄されている一方で、 子どもの貧困問題を解決することは国の重点課題となっています。

私たちは、安全な食品を企業、個人から寄贈していただき、食べ物を必要としている施設、団体、個人に無償で配布しています。 食品取扱の量は、平成28年度は13トン、29年は44トン、30年は70トン(見込み)と、急増しています。

フードバンク福岡の歩み

平成27年7月より、「福岡市にもフードバンクを!」と、説明会を始めました。

平成28年1月には「フードバンク福岡を支援する会」が立ち上がり、毎月会議を開催しました。 同年3月に規約が固まり、4月より活動を開始。全員がボランティアであり、ガソリン代やコンテナ代などの経費を捻出するため、寄付金を集めました。

活動を続けるうち、平成29年5月公益財団法人福岡県リサイクル総合研究事業化センター「フードバンクを活用した食品ロス削減プロジェクト」受託。 (平成30年度も引き続き受託)、7月には法人化、9月鶴田事務所で活動を始めました。 現在も組織を整えながら、活動を続けています。

フードバンク福岡についての詳しい情報はこちら↓

リターンを選ぶ

フードバンク福岡からのお礼メール

お届け予定日:キャンペーン期間中

¥ 3,000

フードバンク福岡から感謝の一言が入ったはがき、お手紙。

  • フードバンク福岡からのお礼メール

お届け予定日:キャンペーン終了後

¥ 5,000

フードバンク福岡が開催する懇話会へのご招待券。 農業大学校での収穫体験。(開催日は2月を予定)

  • フードバンク福岡からのお礼メール
  • フードバンク福岡から感謝の一言が入ったはがき、お手紙。

お届け予定日:キャンペーン終了後

¥ 10,000

子ども食堂の見学。(開催日は4月27日を予定)

  • フードバンク福岡からのお礼メール
  • フードバンク福岡から感謝の一言が入ったはがき、お手紙。
  • フードバンク福岡が開催する懇話会へのご招待券。 農業大学校での収穫体験。(開催日は2月を予定)

お届け予定日:キャンペーン終了後

¥ 30,000

協賛者として賞状贈呈、ホームページへのお名前掲載。

  • フードバンク福岡からのお礼メール
  • フードバンク福岡から感謝の一言が入ったはがき、お手紙。
  • フードバンク福岡が開催する懇話会へのご招待券。 農業大学校での収穫体験。(開催日は2月を予定)
  • 子ども食堂の見学。(開催日は4月27日を予定)

お届け予定日:キャンペーン終了後

¥ 100,000


個人情報について

ご入力していただいた個人情報(お名前/メールアドレス/電話番号/ご住所/クレジット情報など)は、 法令の定める場合を除き、お客様の許可なく利用目的(本キャンペーン)以外の使用及び、第三者へ開示をすることはございません。

決済方法

クレジットカード寄付は、アナザーレーン株式会社 が運営する決済代行サービスを利用しております。 お申込み頂いた金額は、各カード会社との規約に基づいて、通常のカードご利用と同様にご指定の口座より振替させて頂きます。 また、お振替え日については、各クレジットカード会社より送付されるご利用明細などでご確認ください。

ご寄付のお取消しについて

一度お申込みになったご寄付は、お取消しすることができませんので、 ご入力内容等をよくご確認の上、お手続きください。